成分たちの力が交わると力を発揮する

サプリに含まれる成分に注意

むくみを改善する最も有力成分はカリウムですが、むくみ以外にダイエットや美肌作りを目的に飲む場合は成分がバランスよく配合されているするるのおめぐ実が最適です。

むくみやすい場所ランキング

no.1

不動の第一位は脚

脚の中で最もむくみやすいのがふくらはぎになります。原因は重力の関係で水分が体の下に集まってしまったことです。夕方になると脚がむくむなんて話はしょっちゅうです。特にデスクワークの場合は重力に逆らえないため他の部位よりも症状が出やすくなります。

no.2

手もむくむ

重力を考えると、脚の方がむくみやすくなるのは納得です。でも意外に出やすいのが手です。手には腱が沢山ありこの部分にもむくみが発生するといわれています。また、水分を摂り過ぎたりアルコールの摂取が多すぎたりしても症状が出やすくなります。

no.3

お腹もむくむ?

元々お腹にはリンパ節がないので水分を保有するのには十分すぎる環境です。そのため、食生活の乱れやお腹の冷え、運動不足でむくみやすくなります。腹筋やエクササイズ、サプリメントの服用で妨ぐことができるのでやってみましょう。

no.4

背中も対象

日常生活で背中を使うことはあまりないので当然むくみは発生します。原因は筋力の衰えと新陳代謝の低下です。この二つが重なると全体的に太った印象になるため、定期的に背中を動かす必要があります。

no.5

二の腕が太いのはむくみが原因

全体的に痩せてみる人も、二の腕だけが妙に太い場合があります。このような人は二の腕に老廃物が溜まっているので余計ブヨブヨに見えてしまうのです。

すするのおめぐ実と一緒にやりたい5つの習慣

湯船で血行促進

忙しいとサッとシャワーで済ませてしまいがちですが、体のむくみや体調を整える意味でもぬるめのお湯に浸かったほうが夜もぐっすり眠れますよ。さらに入浴中にマッサージすると血行が良くなります。

ヒールはなるべく避ける

脚の疲労にも繋がるので、むくんでいる間はなるべくヒールを避けるようにしましょう。仕事中の場合は楽な靴に履き替えるといった対策が必要になります。

同じ姿勢はなるべく避ける

デスクワークだと長時間同じ体制での作業になるので血流が悪くなります。その影響で冷え性やむくみが悪化するので足首をくるくる回したり動かしたりするよう心掛けましょう。

水分の摂り方に注意する

むくみが水分の影響だったとしても全く水を飲まないのはNG。しかし体を動かさない人は代謝が悪いので水分の排出を上手に行なうことができません。そのため、一日にどのくらい水分が必要なのか決めてから服用しましょう。

塩分の過剰摂取はNG

日本人が食事で摂っていい塩分の量は男性の場合一日およそ10g未満、女性は8g未満です。実際に日本人が摂取している塩分の量はそれをはるかに上回る12gといわれており、思っている以上に摂取しているのがわかります。

体を健康にする有力候補たち

婦人

赤ブドウ葉

抗むくみ作用に期待できる他、赤ブドウの葉に含まれるポリフェノールが老化の原因である抗酸化作用をブロックしてくれます。美容面で力を発揮するので期待大です。

明日葉

血行促進を促すのが明日葉が持つ最大の特徴です。植物繊維がたっぷり入っているので腸の働きを活発にし、中に溜まった便を沢山出してくれます。体がすっきりと軽くなるので便秘がちの女性に大人気です。

植物性乳酸菌

乳酸菌は善玉菌の大好物なので、数を増やすためにも植物性乳酸菌を体内に取り込む必要があります。植物性乳酸菌の場合は動物性と異なり、体内に入ってすぐ死滅することはありません。従って腸内環境を整えつつむくみを解消するなら植物性乳酸菌が好ましくなります。

アラビアガム

水溶性植物繊維のアラビアガムは、服用することで腸内環境を整えお通じを良くしてくれます。体の中に蓄積された毒素の影響でむくんでいる場合は、アラビアガムの効能で改善ができます。

広告募集中